ホーム > ニュース > 薄毛の悩みはこれからもずっと続くのでしょう

薄毛の悩みはこれからもずっと続くのでしょう

薄毛の悩みはこれからもずっと続くだろうと考えている私の場合の薄毛の悩みについての紹介をします。

私は50歳一歩手前の女性です。

私は若い頃は正直髪の毛の量も多く、まさか薄毛に悩まされると思ってもいませんでした。

20代の頃は髪の毛を染めたり、パーマをかけたりと結構髪に負担をかけたと思っています。

30代中頃になったら、髪をとかすと数え切れない位の髪が洗面台や床に落ちてくるようになりました。

正直不安になり、それから育毛剤を何種類も購入して試しましたが中々抜け毛は減りませんでした。

でもまだ自分に合った育毛剤が見つかれば改善できるだろうと信じていました。

だから、髪の毛を洗っても冬場でなければ乾かさなくて自然乾燥をしていました。

美容師さんからも「面倒かもしれないけど根元だけでもすぐに乾かすように」と注意はされていました。

40代に入った頃には前髪がすだれ状態になり始め、45歳を過ぎた頃には前髪は無くわけている状態、頭頂部も地肌が薄く見えるようになりました。

人と話すときも視線が頭に行った時には正直何と思われているのだろうと悲しくなりました。

その頃から、育毛剤の効果はもう私には限界なのかなと感じ、地肌が透けて見える部分に「ザウェルシー」を振りかけスプレーで固めるようになりました。

しかし、粉が顔に付いたり、洗面台に粉が大量に落ちてしまい使用する度に拭かなければなりませんでした。

もうこの頃にはウィッグ購入を考えるようになりました。

最初はトップピースで大丈夫だろうと安易に考えていましたが、昨年、ネットで注文しつけてみたら、後ろのつむじ部分も下の方に後退し、手鏡で後姿を見た時、しっかり後退した部分がはっきりと鏡に映りものすごくショックを受けました。

トップピースでもカバー出来ないほど私の薄毛は進行していたのです。

今は毎日のようにオークションで安く高価なウィッグが出品されないかとチェックをするのが日課になっています。

正直これからどの位もつかわからないウィッグを何個も購入することになるのでしょう。

チャップアップで悩みを解消しよう

関連記事

  1. 薄毛の悩みはこれからもずっと続くのでしょう

    薄毛の悩みはこれからもずっと続くだろうと考えている私の場合の薄毛の悩みについての...

  2. 具体的な流れ

    任意整理というのは一般的に債務の整理と言われお金の貸し手に返金を続けていくことを...